×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お金を借りる

お金を借りる時の賢いカードローンの選び方

大人ならばどうしても急に現金を用意しなくてはいけないような事態になる事があります。
そんな時にジタバタと慌てないように賢いカードローンの選び方を紹介します。

 

カードローンなんてどこでも同じって思っている人も多いのですが、それでは損をしてしまいますよ。

 

まずはそもそもカードローンの利用が適しているのか?
お金を借りる目的によってはカードローンよりも、適したローンがあるかもしれませんよ?
カードローンを利用すべきケースは、次のような場合です。
 ・短時間で現金が必要
 ・お金を借りる目的に適した目的別ローンが無い

 

カードローンを利用する場合でも、数多くの会社の中から最適なカードローンを選ばなければいけません。
その際には金利は?、利用できるATMは生活圏にあるか?、などを考慮して賢くカードローンを選ぶ必要があります。

 

イザという時に最適なカードローンでお金を借りる事ができるように、是非参考にしてみて下さいね。

 

短時間でお金を借りる必要がある、利用目的に適した目的別ローンが無いという場合にはカードローンを使ってお金を借りる訳ですが、その時に数あるカードローンの中から何を選べば良いのでしょうか?
ここでは賢いカードローンの選び方を紹介します

 

金利

より低金利でお金を借りる事ができるカードローンを選びましょう。

 

この時に注意して欲しい事があります。
カードローンの金利を調べると「○%〜△%」という風に幅を持って表示されています。
各カードローンの金利を比較する場合には、上限金利を比較して欲しいのです。
つまり「△%」の方を比べるという事です。

 

一般的に初めての利用で100万円以下の借り入れの場合は上限金利が適用されるケースが多いんです。
ですから上限金利が低いカードローンの方が低金利でお金を借りる事ができるという訳ですね。

 

またカードローンによっては無利息のローンもあります。多くの場合条件が設定されていますので、その条件をよく確認する必要があります。条件があなたの借り入れ金額や返済計画にマッチしているならば、あなたにとって最適なローンと言えますね。

 

ATMが生活圏にあるか?

カードローンはATMを利用してお金を借りる、お金を返すという行為を行うのが基本です。ですから利用するカードローンのATMが生活圏にある事が重要です。
お金を借りる為にわざわざ電車に乗って出かけるのは面倒なことです、特に返済の為に出かけるのは億劫になり、返済が滞り易くなるので要注意ですよ。

 

お金を借りるまでの時間

多くのカードローンでは「即日融資」を謳っています。しかし実際にはカードローン会社によって必要な提出書類や提出方法が異なるものです。
ですから、どのような書類が必要で、どうやって提出するのかを調べて、実現可能なカードローンを選ばなければ、即日での融資は不可能になってしまいます。

 

続きを読む≫ 2013/12/03 05:01:03

世の中には本当に数多くのローン会社が存在します。
残念ながらその中には違法な高金利で貸し付ける悪質な金融業者もあるんです。
そのような業者からお金を借りる事がないように、チェックポイントを列挙してみます。

 

貸金業登録番号が明示されているか?

お金を貸す会社は登録番号の明示が義務付けられています。
「近畿財務局長(1)第00000号」「東京都知事(5)第00000号」のような番号です。
このうち()の中の数字は登録の更新回数を表します。つまり()の中の数字が大きいほど長年お金を貸すビジネスを営んでいる会社となります。更新は3年に1回の頻度で行われます。

 

悪質業者の場合は登録番号を明示していなかったり、虚偽の登録番号を明示しています。
登録番号は各地域の財務局HPで確認できますので、業者名と登録番号が財務局HPに掲載されているかを確認して下さい

 

金利が適法か?

出資法では金利は実質年利20%が上限となっています。これ以上の金利で貸している会社は違法な会社となります。
注意しなくてはならないのは実質年利で金利を表示しない事がある事です。
例えば「1%から融資します」という言葉で10日毎の金利を表示しているような場合です。「トイチ」というような言葉で言われる金利の事ですね。
「トイチ」と呼ばれる10日で1割の金利は、年利にすると365%という凄まじい金利になり、すぐに返済不可能な状態になってしまいます。

 

実質年利が何%なのかを確認して、20%以下である事をチェックして下さいね

 

 

甘い勧誘言葉がないか?

甘い言葉で勧誘している会社は危険です。
甘い言葉とは次のような言葉です。
・多重債務者でも大丈夫
・自己破産者でOK
・誰でも融資します
このように審査なく融資するようなイメージを持たせる言葉で勧誘する事は法律で禁止されています。
つまりこのような言葉で勧誘している会社は違法な高金利でお金を貸している可能性が高いと考えるべきです。

 

 

悪質業者のリストに掲載されていないか?

日本貸金業協会のHPには悪質業者の名前・住所・電話番号などが掲載されています。
あなたがお金を借りる会社がこのリストに掲載されていないかをチェックする事はとても重要です。
他にも金融庁のHPにも違法金融業者が掲載されています。
急ぎでお金を借りる場合でも、一息入れて、これらの悪質業者のリストをチェックする事が重要です。

 

 

お金を借りる際には、甘い言葉に乗らず、情報を収集し、法令を遵守している業者から借入れを行うことが重要ですよ。

 

続きを読む≫ 2013/12/03 05:01:03

銀行や信用金庫ではフリーローンが用意されている場合があります。
これはお金を借りる時にその目的を明確にして契約するローンの事で、カードローンとは異なります。フリーローンはお金を借りる目的によっては借り入れが断られる場合もあります。
カードローンはカードを使ってお金を借りる事ができるローンサービスの総称。事業資金としての利用目的は禁止ですが、それ以外の利用は自由で、担保もありません。

 

フリーローンとカードローンを混同しているケースがあるのですが、異なるものなので注意して下さいね。

 

続きを読む≫ 2013/12/03 05:00:03

ローンって言葉を聞いて具体的にはどのようなローンを連想しますか?
主なローンは「住宅ローン」「自動車ローン」「学資ローン」「カードローン」なででしょうか?
これらのローンを比較してみましょう。
まず「住宅ローン」「自動車ローン」は担保がありますので、金利が低くなります。「カードローン」は担保がありませんし、限度額の枠内であれば何度でもお金を借りる事ができますが、その分金利が高くなります。
「住宅ローン」「自動車ローン」「学資ローン」はお金を借りる目的が定まっているローンで、目的以外にお金を使う事はできません。

 

お金を借りる目的や担保があり、その目的に適したローンがあるならば、目的別ローンの利用が適しています。
短時間で自由に使えるローンが必要であればカードローンの利用が適しています。

 

続きを読む≫ 2013/12/03 04:59:03